なんだかもう既に優しい世界へ行けているような気がしています。

12/30に開催した無料イベント

「年末満月にぎみたま一斉ヒーリング」のご感想をいただきました。

*************************************************

にぎみたまの皆様こんばんは。
年末ににぎみたまの満月ヒーリングに申込させていただき

【男性女性問わず、大切な人を大切にし、
大切な人から大切にされる。

競争社会や、いかに正確にいかに上の人の言うことを忠実に守れるか。

そんな上下関係や利益や損得関係で成り立つ社会や会社から抜け出し
優しさや思いやりの関係とほっと心が温まる社会で生きていきたい】

とお願いしました。

そして、先日のお昼にふっと気づいたのですが

私自身が誰にも負けたくない
頼ることは自分の力不足だからと思い込んでいた事を分かりながらもその
頼ったらいけない。
頼りたくないという気持ちを手放せなかった。

年末年始実家に帰っていた。

姉は医療従事者で休み返上で、日勤夜勤もし、母も祖母の介助と家のことで
食事以外は座る暇もなく動いている

気が利かない
テキパキ動けない
色んな事を素早くこなせない
ゆっくり、のんびりすることは
本当はいけないことと思い込んでいました。

それは自分自身がが作り出したもので、
もう自由になっていいのに
扉は開いているのに
自らの意思でそこに留まっていたことに気づきました。

私の望む生活は
子供も大切にし、ご自身のことも私のことも子供のことも心から大切にしてくれるパートナーと結ばれて
平穏にそして、世間からみた
良い妻、良い母、良い従業員、良い人に縛られず、パートナーからも特に何かを強いられることなく自由に生きること。

まずは自分を大切にし、大切な人を大切にし、競争社会から自分の意思で降りてみて、そして自分自身が優しさと思いやりをもって周りの人と接してみようと思います。

満月ヒーリングで自分の望む世界は何か具体的になり、

自ら立ち止まっていたこと。
扉は開いていたこと。

それに気づけました。

そして、なんだかもう既に優しい世界へ行けているような気がしています。

本当にありがとうございます(^^)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です